" >

" > カメラのISO感度とは?状況別の目安と画質やノイズを知ろう!|撮リセツ
カメラのすヽめ

カメラのISO感度とは?状況別の目安と画質やノイズを知ろう!

撮影で明るさを決める重要な要素として「F値(絞り値)」と「シャッタースピード(SS)」、そして「ISO感度」です。

特にマニュアルモードでの撮影をする際には、「露出の三角形」と言われるこの3つの要素は理解していなければなりません。

露出とは明るさと同義だと思ってもらって構いません。

初心者はオートモードで撮りがちですが、「思ったように撮れない、、なんで?」となる人はマニュアルモードで撮るべきです。

マニュアルモードで撮影した方がいい理由はこちらの記事で説明しています!

初心者のカメラマンこそマニュアルモードで撮影すべき3つの理由カメラを始めてすぐの時は、「オート」での撮影をしていましたが、僕には師匠がいたのでその師匠が「マニュアルで撮れ」と言ったので、意味わかん...

今回は露出の三角形の一つである「ISO感度」について細かく解説していきます。

ISO感度とは?

ISO感度とは、カメラが光をとらえることができる能力を数値化したものです。

例えば、ISO感度が大きくなれば、光をとらえる能力が多くなるので明るくなります。

逆にISO感度が小さくなればなるほど、光をとらえる能力が少なくなるので暗くなります。

昨今発売されているデジタルカメラであれば、ISO感度の変更は、メニュー画面はボタンで変更することができます。

読み方は「アイエスオー」と読むのが基本だとは思いますが、「イソ」や「アイソ」と読む方もいらっしゃいます。どれも合っていますので、好きなように読みましょう!

ISO感度を変更する上のメリットとデメリット

撮影する状況にもよりますが、同じシャッタースピードや同じF値でも、ISO感度だけで明るさを変更することができます。しかし、ISO感度だけで撮影するにはリスクもあるので、メリットとデメリットを、少しずつではありますが上げていきます。

メリット

・明るさを簡単に変えられる。

・夜間の撮影であれば、手ブレを気にせず明るくできる。

デメリット

・上げすぎるとノイズが発生しやすくなる。

・昼間の屋外の撮影では、100以下(カメラによっては50以下)に下がらないのでシャッタスピードかF値で変更するしかなくなる。

ISO感度を変更するタイミング

先ほどのメリットとデメリットを踏まえ、ISO感度を変更するタイミングは

・昼間の場合、明るいことが多いので低めに設定する

・昼間でも影に入ると暗くなるので、高めに設定する

・夜間の場合、暗いことが多いので高めに設定する

・室内の場合、窓際・日光の届かない場所・蛍光灯などの明るさ等により、変更する

・ポートレートでストロボを使う場合、背景、被写体共に明るさを変えたい時

という状況やタイミングが考えられそうです。

必ずしもISO感度のみで明るさを変更しなければならない、という意味ではないのでご注意を!!

状況別のISO感度の設定

変更するタイミングを述べたとおり、ISO感度は明るいと低く、暗いと高く設定します。

そうすることで、(自分にとって)ちょうどいい明るさの写真を撮影することができます。

「ちょうどいい明るさ」のことをカメラ用語で適正露出と表現することがあります。

よく使う言葉ですので、覚えておきましょう。

撮影された写真が人間から見て自然な明るさ・色彩で表現される露出を適正露出という。

(引用:露出 (写真) – Wikipediaより)

また、適正露出よりも明るすぎることを露出オーバー、もしくは白飛びといい、反対に暗すぎることを露出アンダー、もしくは黒つぶれと言います。

以上を踏まえて、参考になればと思い、自然光のみ、3つのパターンで撮影しました。

適正露出で撮影したものを含め、ISO感度のみ変更して撮影しています。

角度補正のみで、色合いや露出に手を加えていません。

(パターンを増やした撮影をしたら追記します。)

例1:昼、晴れ、屋外、日なた

▽SS 1/400,F値 5,ISO 100,WB 4350K(適正露出)

適正露出の写真がこちら。白く飛んでいる箇所もなく、肌の色も綺麗です。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 125,WB 4350K

少しだけ上げました。これだけですでに胸のあたりが白く飛んでいます。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 160,WB 4350K

地面が先ほどよりも境目がわからなくなりました。服も白く飛んでいます。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 200,WB 4350K

靴と地面の境目がわかりにくくなりそうです。服の折り目はギリギリわかる程度です。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 250,WB 4350K

肌の明るさと地面の明るさが同化しそうです。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 320,WB 4350K

もう地面が何かわかりません。服の柄もわかりません。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 400,WB 4350K

ここまでは輪郭はまだはっきりとしています。次は一気に上げます。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 1250,WB 4350K

足はもうどこにあるかわかりません。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 1600,WB 4350K

上半身と下半身がつながり、どのようなポーズなのかわかりません。さらに感度を上げます。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 4000,WB 4350K

表情、輪郭ともにわかりません。次で最後にします。

▽SS 1/400,F値 5,ISO 6400,WB 4350K

ここまで来ると被写体、背景ともに何がなんだかわかりません。ノイズもひどいことがよくわかります。

例2:昼、晴れ、屋外、日影

続いてのパターンです。先ほどと変わったのは日なたから日影に変わりました。

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 100,WB 4350K

こちらは少しアンダー気味です。適正露出とは言えないでしょう。

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 200,WB 4350K(適正露出)

ISO感度を100上げました。これで適正露出であろう明るさになりました。

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 250,WB 4350K

ISO感度を250にしました。これでもよさそうですが、個人的に服の明るさが飛びすぎています。

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 320,WB 4350K

これ以上上げていくと、先ほどのパターンと似たような感じになります。

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 500,WB 4350K

▽SS 1/250,F値 4.2,ISO 800,WB 4350K

これより上げても同じ例1と同じような結果になるため、省略いたします。

例3:昼、晴れ、屋内

3つ目のパターンは屋内です。外の光はやや少なめです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 100,WB 3700K

シャッタースピードは手持ちでギリギリ持てる速さ、かつF値は明るめな2.8にしているにも関わらず、ISO感度は100だと黒つぶれしてしまっています。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 400,WB 3700K

ISO感度400にしてもまだ暗いです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 800,WB 3700K

ISO感度800にして少しだけ表情が見えてきましたが、まだまだ暗いです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 1600,WB 3700K

ISO感度1600にすると、背景の明るさがやや戻ってきた感じがします。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 2500,WB 3700K

やっと顔の明るさが戻ってきてますが、個人的にはまだ暗いです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 3200,WB 3700K

顔が影になっていますので、まだ暗い感じです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 5000,WB 3700K

これで適正露出とする人もいるかもしれない明るさですが、もっと明るい方がいいです。

▽SS 1/100,F値 2.8,ISO 6400,WB 3700K(適正露出)

これでやっと適正露出となりました。

まとめ

ISO感度について、簡単ではありますがまとめてみました。参考になりましたでしょうか。

ISO感度は簡単に言えば「光をとりこむ量を調節してくれるもの」とだけまずは覚えて、実際に撮影しながら慣れていけばいいと思います。

もし参考になればSNSでシェアしてくれたら嬉しいです!

今後は夜間の撮影や星空の写真での参考例もアップしていけたらと思います。

以上、「カメラのISO感度とは?状況別の目安と画質やノイズを知ろう!」でした。

モデル紹介

白石かえで

コスプレイヤー・モデル
モデルのみならず、声優やMCなど、声のお仕事もしており、家の設計もできるマルチタレント。衣食住 全てにおいて挑戦する精神は、誰にも負けない。

<経歴>
JR主催ゆかた美人コンテストグランプリ
ディズニーシー公式webサイトモデル
講談社with girls
クロレッツサンプリングガール

<ファッションショー>
キャンパスサミット 2016ゲストモデル
キャンパスコレクション2018福岡モデル
スタースカウト総選挙2017.2018ファイナリスト
渋原コレクション2016ファイナリスト

<テレビ・CM・動画>
meltyCM 佐賀TV
100分カレシ abemaTV
クロ女子白書
Youtube 感動どっとこむ イメージガール

Instagram – @s_kaepyon

Twitter – @s_kaepyon

ABOUT ME
Takuro
Photographer。福岡を起点にウェディングやポートレート、料理やコンサートの撮影など、様々な活動している。