カメラのすヽめ

フルサイズ?APS-C?センサーサイズの違いで変わる4つのこと

デジタル一眼レフなどのカメラを初めて購入する時には、あまり気にされない項目としてセンサーサイズがあると思います。

現在は大きく分けて二つの違うセンサーサイズを使われる(耳にする)ことが多いと思います。

それが、フルサイズAPS-Cです。

では、このセンサーサイズの違いによって何が変わるのでしょうか。

センサーとは?

そもそもセンサーとはなんのことでしょうか。

センサーとは簡単に言うと「レンズから入った映像(光)を受けとめるモノ」といえばわかりやすいでしょうか。

写真は光の量や大きさによって全く違う写真になるので、光の受けとめるものが大きかったり小さかったりすれば、当然写真に影響が出てくるのは、イメージしやすいと思います。

フルサイズとは?

センサーサイズでフルサイズと呼ばれるセンサーがあります。

これは35mmフルサイズの略称で、35mmフィルムで使用されていた24mm×36mmの画面サイズに近いことから、当時、135フィルムサイズ撮像素子の開発で有利だった一部のメーカーが通称として呼ばれていたそうです。(引用:Wikipedia

APS-Cとは?

現在では入門機によく使用されているセンサーサイズですが、フルサイズよりもセンサーサイズは小さくなります。

各カメラメーカーが共同開発したカメラシステムのことをAPSカメラシステムといい、その中のAPS-Cタイプ(23.4mm×16.7mm)のフォーマットに近いことで、通称として呼ばれるようになったそうです。(引用:Wikipedia

共同開発といいながらも、センサーサイズは各メーカーによって若干のサイズの差があるようです。

確かに、微妙な差でしたがNikonとCanonのAPS-C機を取り扱った時に、同じ焦点距離のレンズを使っているはずなのに画角の違和感を感じたことがあります。

センサーサイズの違いで何が変わる?

センサーサイズはフルサイズは大きい、APS-Cは小さいということがわかったと思います。

ではこの大きさの違いで何が変わるのでしょうか?

1.画質

センサーサイズが大きいフルサイズになると、得られる情報量や取り込む光の量が多くなるので、画質はよくなります。

光の量を多く取り込めるということは、暗いシーンでの撮影にもフルサイズの方が向いています。

2.画角

画角とは簡単にいうと写る範囲のことです。

同じ焦点距離のレンズを、フルサイズとAPS-Cのカメラ両方ともに装着して撮影したとすると、フルサイズよりもAPS-Cで撮影した時の方が望遠(ズーム)しているように写ります。

これは、センサーサイズが小さいことが要因ですが、センサーサイズが小さいと、映像そのものを写す範囲も狭くなります。

狭くなると望遠レンズで撮影したような写真になります。

仮に50mmのレンズをつけていたとすると、約1.6倍の焦点距離、つまり約80mmの焦点距離で撮影したことと同じになります。

1.6倍という数字は、メーカーによって異なりますが、だいたいがこの数字で換算されることが多いので、覚えておいて損はないと思います。

3.ボケ

フルサイズの方がボケが綺麗で、ボケやすいです。

ボケは

1.被写体と背景との距離が遠い
2.カメラと被写体との距離が近い
3.望遠側で撮る
4.F値が小さい

この4つの要素で構成されています。

フルサイズの方がボケが綺麗ということは、2に起因してきます。

先ほど、同じ焦点距離でもフルサイズよりもAPS-Cの方が望遠になるという話をしました。

ということは、もし同じ大きさの被写体で、フルサイズとAPS-Cでそれぞれ撮影しようとしたら、より近くことができるのは、フルサイズの方です。

結果、カメラと被写体との距離が近い方がボケやすくなるので、フルサイズの方がボケやすいということになります。

4.カメラボディの大きさ

フルサイズでも小さなカメラはたくさんありますが、物理的にセンサーサイズが小さい方がコンパクトなカメラになっていることが多いです。

ミラーレスカメラではなく、一眼レフカメラの購入を考えていて、できるだけコンパクトな方がいいと考えている方は、APS-Cの一眼レフカメラを買うといいかもしれません。

まとめ

写りに対して、ハイスペックを求めるならフルサイズのカメラを手にした方がいいと思いますが、特にこだわりがなく、安いカメラで、それなりに撮影できるものでよければAPS-Cのカメラでもいいと思います。

この記事をまとめながらも、筆者自身もあまり言葉にする機会がなかったので理解も深まったように感じます。

もし誤りがありましたら教えてくださいませ!

以上、「フルサイズ?APS-C?センサーサイズの違いで変わる4つのこと」でした。

 

ABOUT ME
Takuro
Photographer。福岡を起点にウェディングやポートレート、料理やコンサートの撮影など、様々な活動している。