オススメアイテム

AFも写りも最高!Sony 135mm F1.8 GMレビュー

被写体と背景の圧縮感が好きすぎて135mmの単焦点レンズを購入してしまったTakuro( @takuro_ig )です。

135mmはとても好きですが、SIGMAとSonyのレンズで迷いました。

しかし、僕はSonyが2019年4月19日に発売した、FE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)を購入しました。

SIGMAにしなかった理由

Sonyユーザーが135mmの単焦点レンズを購入するときに、もっとも迷うのはSIGMAから出ているeマウント用のレンズだと思います。

レンズ名は「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art」です。

レンズを購入する上でスペックも大事ですが、安い買い物ではないので、なんだかんだ気にするのは価格ではないでしょうか。

Sony 135mm F1.8 GM SIGMA 135mm F1.8 Art
価格(希望小売価格) 235,000円+税 175,000円+税

表の通り、SIGMAはSonyと比べて60,000円近くも安いです。

写りに関しては評判もよく、正直ギリギリまで迷っていました。

しかし、AF性能が圧倒的に遅かったため、僕自身はSony一択となりました。

Sony FE 135mm F1.8 GM 基本スペック

Sony FE 135mm F1.8 GMの基本的なスペックはこの通りです。

仕様 詳細
サイズ 89.5 x 127mm
重量 950g
フィルター口径 82mm
最短撮影距離 0.7m
最大撮影倍率 0.25倍

サイズ感は大きいですが、コンパクトに見えるような設計になっています。

重さはずっしりと来る重さで、ボディにつけると完全に前重です。

最短撮影距離は0.7m(70cm)となっていますが、個人的にはもっと寄れている感覚です。

ちょっとしたマクロ撮影をしている気分になります。

Sony FE 135mm F1.8 GMの外観

Sony FE 135mm F1.8 GMの外観を簡単に見ていきます。

上から見るとわかりやすく「FE 1.8 / 135 GM」と記載されており、その上には絞りリングがあります。

その上のボタンはフォーカスホールドボタンです。

横からは真ん中にGMレンズの証であるマークが付いています。

その下には先ほどと同じ、フォーカスホールドボタンがあります。

少し右にずれると、AFとMFの切り替えスイッチと、その下にフォーカスレンジリミッターがあります。正直これはあまり使ってません。

反対側には、絞りリングをスムーズにするかどうかのCLICKというスイッチがあります。

ONにしておけば、1/3段ずつ切り替えたときに感覚でわかります。

OFFにするときは動画撮影時に役に立ちそうです。

正面からだとこんな感じで、ほとんどボディが見えません。笑

レンズのフィルター口径は82mmです。

フードを付けると一段と大きく見えます。

レンズには付属でケースもついています。写真には写っていませんが、ストラップも付いているのでいろんなパターンで持ち運びができます。また、裏にはベルトを通せるようになっていますので、小物入れとしても機能します。

ポートレートに最適な神レンズ

ポートレートによく使われる焦点距離といえば、50mmや85mmが多いとは思いますが、135mmという選択肢も、近年では増えているように感じています。

焦点距離が長くなればなるほど、被写体と背景が圧縮され、距離が短くなります。

個人的に135mmだととても自然な圧縮感で、とても好きな焦点距離です。

「被写体と背景の圧縮」についての詳細はまた別の機会に記事にしようと思います。

135mm GMで撮影した写真

ここからは実際に135mm GMを使用した写真を並べていきます。

自然光のみで街撮りしたポートレートです。F値は1.8で、一番開放した数字です。

このまま少しアップにしてみます。

背景のボケ量が増え、より一層被写体が際立ってみえます。

さらにアップにしてみます。

被写体の綺麗な顔の細かいところまで見えそうです。

開放でもキレッキレなのがわかります。

こちらは夜に撮影したポートレートです。

カメラの右側から1灯、被写体の後ろから1灯使って撮影しています。

街灯もない場所でしたが、陽が沈み切る前でしたので、多少暗くてもピントを合わせることができます。

全身を入れたポートレートでも、思ったより離れなくても撮影ができたように感じます。

135mmは歪みが少ないレンズですので、スタイルが明確に描写されます。

まとめ

物撮りや接写した写真をまだ撮影できてませんが、近々更新したいと思います。

 

 

ABOUT ME
Takuro
Photographer。福岡を起点にウェディングやポートレート、料理やコンサートの撮影など、様々な活動している。