カメラのすヽめ

初心者のカメラマンこそマニュアルモードで撮影すべき3つの理由

カメラを始めてすぐの時は、「オート」での撮影をしていましたが、僕には師匠がいたのでその師匠が「マニュアルで撮れ」と言ったので、意味わかんないし全然慣れてない状態のままマニュアルで撮影するようになりました。

そのおかげで、僕は意図する写真を撮影できるようになりました。

「マニュアルで撮れ」と師匠が言わなかったら今でも「露出?絞り?シャッタースピード?」となってたのは間違いありません。

露出や絞り等の話は、また別の記事にしますので、今回は「マニュアル撮影が必須だ!」ってことが伝わればいいかなと思い、まとめてみました。

1.オート撮影に慣れたからと言って、マニュアル撮影はできない

カメラを始めたばかりの人でよくいらっしゃるのが「オートモードでの撮影」をしている方です。

オートで撮影することは全然間違いじゃないし、否定したいわけではありません。

ただ、長期的な目線で「カメラを続けたい!ずっと楽しみたい!」と考えている方なら、少しずつでいいからマニュアルに慣れていくのがベストです。

例えば、オートで撮影して、1年後にマニュアルで撮影しようとしても、全くの違う設定だし、普段からF値やシャッタースピードなんて意識していないから意味がわからないはずなので、撮影できるわけがありません。

最初こそ意味がわからないかもしれませんが、長くカメラを楽しみたいならマニュアルで徐々に慣れていきましょう!

ちなみに、オートで撮れた写真はマニュアルでも撮れますが、マニュアルで撮った写真はオートでは絶対に撮れないのも、大事な考えです。

2.自分の頭で考えて、撮りたい写真が撮れるようになる

カメラを始め、いろんな写真を撮っているとだんだんと写真やカメラにハマっていき、とても楽しくなってきます。

人というのは欲求の塊みたいなものなので、「○○な写真を撮りたい!」と思うようになるものです。

構図的なものだったらレンズを交換しなければならない時も出てきます。

10本以上レンズを持っている人なんかもいて、いろんな構図で撮影していたりします。

構図ではなく、明るさや色味に関してだったら、レンズではほとんど変えることはできないので自分の力でその都度、設定しなければいけません

ということは自分の頭で、「この明るさだったらシャッタースピードをあげて、、、」などと考えることができます。

この「自力で考える」という行為が撮りたい写真を撮るための近道でもあるのです。

オートではカメラが勝手に決めてしまうのでそういうわけにはいきません。

3.光の加減や方向性を理解し、把握できるようになる

写真撮影においてもっとも大事なものだと言われているのが「光」です。

なぜなら、光の方向や強さ、角度によって、同じ被写体・同じ構図であっても全く違う写真になってしまい、自分がイメージしてる写真を撮ることができないことがよくあります。

昼間の撮影なら一番の光源は太陽となり、夜間の撮影なら室内の照明や街灯、電光掲示板や自動販売機の光など、人工的な光を光源とすることができます。

また、ストロボを使えば、自分で角度や強さを決めることができるので、より表現の幅を広げることができます。

オートでの撮影なら、これらのことをまず気にすることはありませんし、必要もありません。

ということは、「光」さえ理解し、自分の意のままにすることができれば、自分がイメージした写真を撮ることは可能となります。

マニュアルで撮影しはじめたら、例えば、太陽の位置はどこにあるのか、逆光か順光か、光の強さはどうか、などを気にかけて、シャッタースピードとF値、ISO感度の3つの設定をその都度変える必要があります。

最初こそ、めちゃくちゃめんどくさく感じはしますが、人それぞれ撮りたい写真や好みが違います。

オート撮影では自分の表現の幅がグッと狭まってしまう反面、マニュアルでの撮影に慣れてきたら表現の幅もかなり広がるのは間違いありません

自分好みの撮影ができるようになるためにも、マニュアル撮影、ぜひトライしてみてください。

カメラのISO感度とは?状況別の目安と画質やノイズを知ろう!撮影で明るさを決める重要な要素として「F値(絞り値)」と「シャッタースピード(SS)」、そして「ISO感度」です。 特にマニュアル...
ABOUT ME
Takuro
Photographer。福岡を起点にウェディングやポートレート、料理やコンサートの撮影など、様々な活動している。