カメラのすヽめ

一眼レフからミラーレスに変更した9つの理由【α7Ⅲ】

これまでAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラを使用してきましたが、ついにフルサイズのカメラにバージョンアップしました。

一口にフルサイズと言っても、デジタル一眼レフに限らず、ミラーレスのフルサイズもあります。

そう、なんと今回変更したのは、デジタル一眼レフではなく、ミラーレスです!!

今までのカメラはNikon D7100で、変更した先はSony ‪α7III‬(アルファセブンスリー)です。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

189,800円(09/19 06:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

センサーサイズだけなく、NikonからSonyへのマウント変更もしています。

なぜ今時、デジタル一眼レフではなく、Sonyのミラーレスに変更したのか。

機材のスペックの話も交えながら、その理由を9つ語っていきたいと思います。

NikonのAPS-C一眼レフからSonyのフルサイズミラーレスに変更した理由

1.フルサイズ

まず1つ目の理由が、フルサイズであること。

勝手な思い込みだったのですが、「ミラーレスにはフルサイズはない」と、Sony ‪α7III‬の購入を考え始めるまで知りませんでした。

Sony ‪α7III‬のスペックを見て、「あれ!?ミラーレスなのにフルサイズなの!?」なんて思ったくらいです。

2台目のカメラはフルサイズと決めていたから、ミラーレスが選択肢の中に入ったのは幅が広がってよかったのだと思います。

フルサイズとAPS-Cの違いについては、こちらの記事を参考にされてください。

フルサイズ?APS-C?センサーサイズの違いで変わる4つのことデジタル一眼レフなどのカメラを初めて購入する時には、あまり気にされない項目としてセンサーサイズがあると思います。 現在は大きく分け...

2.軽量

続いて2つ目の理由は、超超超超軽い!!ということです。

一眼レフだと、軽いモデルももちろんありますが、ミラーが入っている影響である一定のサイズよりも小さくはなりにくく、比例して重くなってしまいます。

その点は、ミラーレスは、名前の通りミラーがない分コンパクトになり、そして軽くすることができます。

今回のSony ‪α7III‬のボディ単体の重さはなんと565gです。

Nikon D7100が680gだったので、115gも軽くなったことになります。

選ぶレンズ次第で重さは変わりますが、ポートレートの撮影はもちろん、ブライダルの撮影でとても役に立ちそうです。

ブライダルではカメラ2台にレンズとストロボをそれぞれ付けて撮影するので、首や肩への負担がかなり大きいです。

それが少しでも軽くなれば負担も軽減されるので、軽いということは僕自身にとってはかなりの正義です。

3.安い

3つ目の理由は最新機種(2018年8月現在)なのにめちゃくちゃ安いということです。

値段を見た時、「え、Sonyさん、この価格でいいですか、まじで。」と本気で思いました。

昨年の秋頃に発売されたSony ‪α7RIII‬の価格が32万円前後と、Sony ‪α7III‬よりも10万円近くの高値で発売されています。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

260,700円(09/19 23:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

「この価格差は一体なんだろう?」と思い、自分なりにかなり細かく調べました。

ですが、その差は「画素数の違い」くらいしかありませんでした。

厳密に言えば端子の数だったり、引き伸ばした時の鮮明さだったり、差は確かにあります。

ただ、僕が求めるスペックや画素数はα7RIII‬は不要なものばかりで、それ以外はα7III‬にもきちんと装備がありました。

そう考えると、ほぼ同じスペックなのに、10万円も安く、2台目のカメラにしてはゲットしやすい価格帯なので、「安い」と感じました。

4.瞳AF

ここからはα7III‬自体の話になります。

めちゃくちゃ熱いスペックや機能ばかりでかなり感動しました。

それでは4つ目の理由です。

瞳AF(オートフォーカス)という機能が備わっています。

ポートレートにしろブライダルにしろ、人物の撮影が多い僕にとってはかなり嬉しい機能です。

今までは、フォーカスポイントを中央に配置し、目にピントを合わせた状態で半押しロックし、構図を決めシャッターを切るということをしていました。

この動作が特にめんどくさいと思ったことはありませんが、ピントが合いにくい場合も確かにありました。

動いている人を撮ることも多いので、先ほどの動作もいらず、確実にピントを目に合わせることができるこの瞳AFは、必須な機能だと感じました。

5.カスタムボタン

5つ目の理由はボタンがカスタムできるということです。

「NikonユーザーだったからNikonと同じにしたい」という人もいるかもしれませんが、僕の場合は、逆で、Nikon D7100のボタン配置がなかなか好きになれませんでした。

自分でカスタマイズするまでもなく、「全部右手で操作できればいいなぁ」なんて考えていました。(右手だけで操作できれば、左手で何かしながらも同時に操作ができるため)

使ったことがあるカメラで言えば、Canonの5DmarkⅢやNikonのD850は右手で必要な操作はできました。

Nikon D750もある設定をすればできるみたいですが。

話が逸れましたが、ボタンやホイールに好きな機能を割り当てることができます。

ポートレートもブライダルも、同じような設定や用途の撮影が多いので、特に変更する必要はないように感じています。

注意点としては、カメラ自体を初期化してしまったら、バックアップはされていないので一から設定をやり直す必要があります。

メモでも取っておくといいかもしれませんね。

6.ダブルスロット

6つ目はダブルスロットの存在です。

Sony ‪α7III‬の前モデルであるSony ‪α7IIはシングルスロットで、SDカードが一つしか使用できないようでした。

Sony ‪α7III‬はSDカード2枚分のダブルスロットです。

同じダブルスロットでも、SDカードとコンパクトフラッシュの組み合わせもあります。

5DmarkⅢがそうでした。

この組み合わせはパソコンに撮影データを取り込む際にとても不具合を感じるので、いくらいいカメラだったとしてもこの点で購入の選択肢としては外れます。

SDカード2枚分のダブルスロットであれば、Nikon D7100もそうだったのでとても扱いやすいのでかなりポイントは高いです。

7.ジョイスティック

7つ目の理由としてはジョイスティック(マルチセレクター)があることです。

ジョイスティックがあることにより、ファインダーを覗きながらピントを中央ではなく別のポイントに移動させたい時にとても便利です。

また、拡大してからフォーカスポイントを決める時にも、ジョイスティックがあれば細かく場所を指定することができます。

と、いうことはMF(マニュアルフォーカス)で合わせる時にもこの方法が使えます。

今までMFでピントを合わせる時はとても苦労していましたが、これで楽できそうです。

8.電子ビューファインダー

いよいよ大詰めです。8つ目の理由は電子ビューファインダー(EVF)です。

全てのミラーレスカメラは、一眼レフのようにファインダーを覗いても同じようには見えず、電子ビューファインダーを採用しています。

もちろんファインダーのないミラーレスカメラもあります。

ではなぜ電子ビューファインダーが買う理由になるのかというと、解像度プレビュー表示です。

まず解像度についてです。

今までのミラーレスカメラの電子ビューファインダーは、確かに映しているものがファインダーにも投影されていますが、何か別のものを見ている気になっていました。

しっくり来ないというか、腑に落ちないというか。

しかし、Sony ‪α7III‬は違いました。

描写力、という表現が正しいのかわかりませんが、ついに納得のいくファインダーの映像がカメラを構えながらでも見ることができました。

次にプレビュー表示ですが、これまでのデジタルカメラでも、撮影した後に背面に数秒間、再生して撮影した写真を瞬時に確認することは可能だと思います。

もちろんSony ‪α7III‬でも言わずものがな可能ですが、このプレビュー表示がファインダー内でできるようになったらすごくないですか?(そう思うのは僕だけだったら悲しい)

「ファインダーを覗いて、撮影して、ファインダーから目を離して、撮った写真を確認して、またファインダーを覗く。」

というのがこれまでのプロセスでしたが、

「ファインダーを覗いて、撮影して、ファインダーから目を離して、撮った写真を確認して、またファインダーを覗く。

このプロセスだけになります。

大したことないと思う人もいるかもしれませんが、ポートレートやブライダルの撮影では瞬間的に撮影をする場面が結構出てきます。

被写体の表情や仕草、撮り漏れてはいけないシーンなど、頻繁に大事な場面は現れます。

この時にファインダーで撮影した写真を確認できるのはすごく嬉しい機能です。

9.後幕シンクロ

さて9つ目の理由となりました。

使うシーンは極端に減りますが、後幕シンクロが簡単に設定できるということも大きな理由です。

後幕シンクロを簡単に説明すると、例えば長時間露光(長秒撮影)でシャッタースピードを2秒で撮影するとします。そしてストロボを使用する際に、発光するタイミングをシャッターを押した(ミラーが開いた)時ではなく、シャッターが切れた(ミラーが閉じた)2秒後にするということを後幕シンクロと言います。

実はこれまで持っている機材では後幕シンクロはできませんでした。

ストロボのせいかもしれませんし、ボディのせいだったのかもしれませんが、とりあえずできませんでした。

無い物ねだりではありましたが、後幕シンクロにすごく憧れ的なものはありました。

これがボディ側で簡単に設定できると知って、かなりテンションはあがりました。

近々後幕シンクロで撮影した作品をアップするのでぜひチェックしてみてください。

↓↓↓
Instagram – Takuro(@takuro_ig)

まとめ

他にも素晴らしい機能やスペックが満載です。

タッチパネルとかチルト液晶とかAFポイントいっぱいとか連写とか。

確かにできることがたくさんあった方が選択の幅が増えるので、つまりは撮影の幅も広がります。

ただ、そのカメラを買う理由にまでは至らないということも多々あると思います。

しかし、今回に至っては、「買う理由がたくさんある」というよりも「買わない理由がない」という視点が大きいように感じます。

「これからはミラーレスの時代が来る」と、Sonyのメーカーさんや某有名カメラマンも言っていました。

Sony ‪α7III‬のスペックから見ても、確かにそれは断言できるかと思います。

初めて手にするフルサイズミラーレスならSony ‪α7III‬はかなりおすすめです。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

189,800円(09/19 06:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

予算に余裕がある人ならSony ‪α7RIII‬も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

260,700円(09/19 23:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

以上、「デジタル一眼レフからミラーレス一眼に変更した9つの理由」でした。

ABOUT ME
Takuro
Photographer。福岡を起点にウェディングやポートレート、料理やコンサートの撮影など、様々な活動している。